図書・イベント

図書

ブルシット・ジョブの謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増えるか

「この仕事要る?」

        

日常の業務の中で、そう感じたことはないでしょうか。

        

誰も見ない書類を形式的に作成する仕事、会議のための会議、さらにその会議のための資料作成と報告書、上司や会社の権威付けのためだけの仕事──。

         

どうして我々は、たった今なくなっても社会になんら支障のない、
「クソどうでもいい」「クソみたいな」仕事に追われ、苦しめられているのか。

        

資本主義の御旗の下、仕事の効率化が進んでいるはずなのに、
なぜそのような「クソ仕事」=「ブルシット・ジョブ」は今この瞬間にも増え続けているのか。

         

本書は、世界的ベストセラー、『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』の訳者の一人でもある酒井隆史氏が、その論点を押さえつつ、「ブルシット・ジョブ」についてよりわかりやすく解説している、「特別講義」の一冊です。

         

「仕事とは何か」「どうして自分は今「クソ仕事」で苦しんでいるのか」を考えるきっかけになるのはもちろん、読んでいると、「世界にはこんなにもさまざまな「クソ仕事」があるのか……」と、いっそ面白ささえ感じるかと思います。

          

世界的現象になっている「ブルシット・ジョブ」について知りたいけれど、あのベストセラーの厚み(と、値段)にいきなり挑戦するのは尻込みする……という方には、まずこちらを先に読んでみることをおすすめします。

        

        

著者:酒井 隆史

出版社:講談社

         

        

Special Voiceひとコトコメント

2022年3月の新着図書です

 

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

ものづくり

セミナー

くらし

アート

トーク

センターからのお知らせ

イベント

子育てイベント

展示ギャラリー

図書コーナー

新着図書