図書・イベント

図書

牧師、閉鎖病棟に入る。

 「ありのままでいい」

 最近よく耳にするようになったフレーズです。

 あなたらしく、そのままで、ありのままで。

 それが謳われるとき、きっと閉鎖病棟に入院している患者はそこに含まれて

 いないのでしょう。

           

 著者は、神戸生まれで阪神淡路大震災も経験した牧師。

 仕事として訪れていた閉鎖病棟に、患者として入院することになります。

        

 そこで出会ったのは、半世紀以上、閉鎖病棟に入院している男性や、

 「うるさいから」と薬を投与されて眠る青年、

 どうして人を傷つけてはいけないのかわからない少年たちでした。

            

 二ヶ月の間、様々な患者と出会った著者は、自分の弱さも驕りも差別意識も

 見つめながらこう語ります。

             

 「彼がここに拘束されているから、世のなかは「まともな」人たちだけで

 独占していられるのだ。世のなかの「まともさ」を、彼が贖っているのだ。」

 と。

              

 閉鎖病棟に入院する彼らは、この社会においては、「ありのまま」生きること

 を「許されて」いません。

 著者が語る信じられないような体験の数々に、衝撃を受ける方もいるでしょう。

           

 しかし、決して別世界の話ではありません。

 ここは、私たちの生活と地続きで、些細なきっかけで、誰でも「入れる」場所

 なのです。

          

 本作を読み、その現実を知ることが、世界を立体で見るための初めの一歩だと

 思われます。

             

           

 著 者:沼田 和也

 出版社:実業之日本社

       

        

Special Voiceひとコトコメント

 2022年1月の新着図書です。

          

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

セミナー

くらし

アート

トーク

歴史

センターからのお知らせ

子育てイベント

展示ギャラリー

図書コーナー

新着図書