図書・イベント

図書

マンガでわかるLGBTQ+

 あなたの周りにLGBTQ+の人はいますか?

 自分の周りにはいないなぁ… と思った方も、もしかしたら知らないだけ、あるいは

 気づいていないだけかもしれません。

         

 そもそも、LGBTQ+をきちんと説明できるかと問われたらどうでしょう。

 なんとなくは知っていても、正しく理解し、詳しく説明できるという方はまだまだ

 少ないような気がします。

          

 実は本書を読む前は、自分はLGBTQ+についてわりと知識もあり理解もしている

 方だと思っていたのですが、読後にはその考えを改めることとなりました。

         

 本書では、LGBTQ+の基礎知識や、LGBTQ+の方たちの実際にあった体験談が描

 かれており、知っていたつもりで実はそうではなかったことや、初めて知ったこと

 もたくさんあり、ジェンダーについての考察をより深めるきっかけとなりました。

        

 そんな中、1番ハッとさせられたのが

 『どんな相手を好きになるかって、自分で選べるわけじゃないですよね』

 『「特権がほしい」とは思っていない、ただせめて、同じ選択権を持つ権利がほしい』

 という言葉でした。

         

 それは至極当たり前のことで、わかっていたはずのことなのに、読み進める中で改

 めてその言葉を目にしたことで、自分は本質をまるでわかっていなかったのではな

 いか、と目の覚めるような思いがしました。

         

 さらに本書では、「男性らしさ」「女性らしさ」とは何か、ということについても

 触れられており、「男だから○○」「女だから○○」といった偏見に縛られること

 なく、「あなた」は「あなた」であることに目を向ける大切さについて述べられて

 います。

        

 それは、遠い誰かの話ではなく、誰にでも当てはまることです。

           

 現在、日本の人口の11人に1人がLGBTQ+のいずれかに該当するそうです。

 とすれば、自分の職場や学校、ご近所さんの中にもLGBTQ+の方がいると考える

 方が自然なのではないでしょうか。

     

 社会的にもだんだんと理解が進みつつあるようでいて、カミングアウトして生きて

 いくには、まだまだ偏見や差別も多いのが現状です。

            

 「知らない」ということが、無自覚のまま誰かを傷付けることもあるということに

 気づくためにも、本書を読んで少しでも理解を深め、誰もが自分らしく生きられる

 世の中になっていくことを願います。

        

         

 著 者:パレットーク、ケイカ(イラスト)

 出版社:講談社

         

         

Special Voiceひとコトコメント

 2021年12月の新着図書です。

            

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

ものづくり

講演

くらし

アート

トーク

センターからのお知らせ

子育てイベント

展示ギャラリー

図書コーナー

新着図書