センターグループ紹介

新着情報

NPO法人 認知症予防サポートネット

認知症予防、介護予防の啓発活動をしています

かつてない高齢社会。全国で認知症の方は462万人、予備軍は400万人に達するといわれています。

認知症予防サポートネットは、多数の予備軍が認知症に進まないように、様々な取り組みをしています。

 

認知症は生活習慣と密接に関わると考えられています。

元気なうちに認知症に進まない習慣を身につけ、早期に発見することも大切です。

 

グループは年間150回ほど、認知症予防に特化した講座や実技を実施しています。

早く気づけば、早く治療が始められます。また、軽いうちに準備することも可能です。

 

早く見つける方法として、講座では次の4つのプログラムを行います。

①かなひろいゲーム 

(すべてひらがなで書かれた物語を読み取りながら「あいうえお」だけに〇をつけ、拾いあげた「かな」の数を見るもの)

②物忘れ相談プログラム

③自分でできる認知症の気づき(兵庫県健康福祉部が作成)

④あなたの脳元気度チェック

 

公民館での講座、介護施設などのレクレーションではカルタも使います。

「思い出カルタ」は戦争体験、疎開先での生活、戦後の仕事と家族、子供のころの遊び、手伝いなどを美しい絵にしたいろはカルタです。「思い出」を語らう回想法に使えます。

「脳はつらつ人生カルタ」は今までの人生を振り返り、毎日の生活で思わず“くすっ”と思い当たる愉快な出来事をカルタにしました。人生を語らいながら皆で楽しめます。

 

また劇団を結成し、コント劇「ぼけたらあかん」と「サギにご用心」を上演しています。

H28年度も既に60回ほどの公演依頼が来ています。

 

年齢を重ねても明るく元気に過ごせるよう、工夫しながら楽しく活動しています。

 

Special Voiceひとコトコメント

神戸生活創造センター広報誌PiPiNしんぶんの5月号でご紹介しました。以下は活動の資料です。

グループの活動に関するお問い合わせについては、神戸生活創造センター・生活創造プラザまで。