センターグループ紹介

センターグループ紹介

神戸郵趣会

切手をはじめとする郵便全般を愛好するグループです

子供の頃、郵便局に並んで記念切手を入手し、アルバムにきれいに分類していた、という方は多いのではないでしょうか。

明治4年の郵便創業以来、切手は人々の生活に貢献してきました。その美しさに魅せられ、集めたり調べたりすることを「郵趣」と言います。

 

神戸郵趣会は、切手をはじめとする郵便全般を愛好するグループです。会員は72名、女性や外国の方も入っています。

例会には毎回約40名が集まり、交換会もあります。未使用、使用済みを問わず、持ち寄った切手の中に欲しかった切手を発見すると喜びもひとしおです。

郵便愛好家グループの中で、60年以上の歴史がある神戸郵趣会の会員数は全国で2番目です。会員が多いと情報が集まりやすく、楽しみが増えるそうです。

 

テーマを決めた展示会や、子ども向けのイベントでは、切手の多彩な図案を利用したワークショップも開催します。毎月発行される会報には、会員の自慢のコレクションや、切手情報などが掲載されています。

2016年には61件、648種類の記念切手が発行されました。販売する郵便局も異なり、すべて集めることは困難です。

 

海外の切手や昔の郵便物も収集の対象です。テーマを決めて集める人や、大量の使用済み切手のセットを購入し、その中からお気に入りを選ぶ人など、収集方法も多様化しています。

 

記念切手に風景印を押して収集する人もいます(注1)。

ある会員は、円形に配置された星座の切手シートを購入し、垂直方向に子午線郵便局、水平方向に明石郵便局の風景印を押してもらいました。

 

また、2017年は神戸開港150年目の年ということで、記念に会のフレーム切手(注2)を作り、県立六甲山自然保護センターや神戸生活創造センターで展示も行いました。

 

方寸の芸術品と讃えられ、小さな外交官と呼ばれる切手。

1枚から、歴史、芸術など世界が見える、知るほどに奥深い切手の世界をぜひのぞいてみてください。

 

 

(注1) 郵便局名や年月日欄と共に、地域の名所や名産品、アニメのキャラクター等を描いた消印を風景印と呼びます。切手の場合は52円(5月1日現在)以上を封筒や台紙に貼り、赤い風景印を押してもらいます。

 

(注2)切手印面をフレームに見立て、写真やイラストなどを自由にデザインしたオリジナル切手シート。記念日などに1シートから作成できます。

 

 

Special Voiceひとコトコメント

神戸生活創造センター広報誌PiPiNしんぶんの177号でご紹介しました。

グループの活動に関するお問い合わせについては、神戸生活創造センター・生活創造プラザまで。