図書・イベント

図書

あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる

神戸新聞明石版の連載、「ウミのまち明石から」と「バードアイ空遊記」を元に作られた1冊です。

 

明石と言えば子午線、そして海産物が思い浮かびます。

本書の前半では、子午線を元に繋がる自治体や、子午線をテーマにしたアートなどが紹介されています。

見えるわけではない子午線ですが、市民にとっては生まれた時から確実に存在する線のようです。

 

後半は海の幸とそれに関わる方たちが登場します。

本書を読むと、明石を冠した鯛や蛸がブランドを確立したのは、味はもちろんですが、明石の海を愛する方たちの努力のおかげだとわかります。

 

神戸から明石に向かう電車に乗ると、明石海峡大橋、天文科学館の大時計を通り過ぎ、やがて明石城のある公園が見えます。

 

電車を降りると、広い空と緑、海からの風に、ふっと空気が変わるのを感じます。

その時すでに、明石の魅力に惹きこまれているのかもしれませんね。

 

 

著者:神戸新聞社明石総局(編)  

出版社:株式会社ペンコム

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年9月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー