図書・イベント

図書

サガンの言葉

 フランソワーズ・サガンという作家をご存知でしょうか?

 世界的に有名な、フランスの作家。代表作は、『悲しみよ こんにちは』。

 このぐらいであれば、パッと答えられる方も少なくないと思います。

           

 ただ、サガンの人生や、その生き方はあまり広くは知られていません。

           

 サガンが『悲しみよ こんにちは』を書いたのは十八歳の時でした。

 十代で莫大な印税(約364億!)と世界的な名声を手にした彼女の人生は、その後、

 生死の境を彷徨う事故、二度の結婚と離婚、最愛の人との別離、コカイン所持による

 逮捕、晩年の経済破綻、と、実に波乱万丈なものになってゆきます。

    

 かろやかで陽気、そして破天荒なサガンの人生。

 本書は、サガンの人生と作品、彼女がのこした言葉を織り交ぜながら、彼女が重視し

 たものを私たちに教えてくれます。

       

 「やさしさのない人とは、相手ができないことを求める人です。」

 「理解するというのは見逃すこと、よけいな口出しをしないことです。」

 「私が孤独になっても息子にはどうしようもないし、彼が孤独になっても私にはどう

 しようもありません。ただ、お互いに最善であろうとするだけです。」

         

 彼女はなによりも「知性」と「個人」を重視し、孤独と愛を書き続けました。

         

 1995年、60歳。コカイン使用・所持で有罪判決を受けたサガン。

 激しく攻撃するマスコミの前で、サガンはこう言い放ちました。

 「破滅するのは私の自由です」

       

 慣習への盲従や、集団狂気を徹底して嫌ったサガン。

 サガンの人生は、決して「よい子のお手本」ではありませんが、教科書的でないから

 こそ、彼女と彼女の作品は多くの人を魅了し、夢中にさせるのでしょう。

            

 サガンは知性の人であり、愛を、やさしさを、自由を求めた人でもあります。

 サガンの作品を読んだことがある方はもちろん、人生がもつ重力に煩わしさを覚えて

 いる方、孤独にさいなまれる方にもやさしく深く響く、おすすめの一冊です。

     

      

 著 者:山口路子

 出版社:大和書房

       

Special Voiceひとコトコメント

 2021年8月の新着図書です。

 

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

センターからのお知らせ

まちづくり

遊・知・美

ストーリー