図書・イベント

図書

陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングシリーズ、三作目です。

 

いくつかのエピソードが読み進むにつれて一つになり、綿密に張り巡らされた伏線が最後にはきっちりと回収される、まさしく伊坂幸太郎の独壇場ともいえる物語です。

 

今回はギャングたちと、ハイエナのような週刊誌記者との対決ですが、最後まで一気読みは間違いありません。

 

犯罪者であるギャングと、平気で人を傷つけているが法律的には犯罪者でない記者。

何が悪で何が善か、何が真実で何が嘘か、自分が思う常識は本当にそうなのか。

そんな疑問を提示されているような気分になります。

 

いずれにしても強盗は犯罪です。

これは、どこか時空の異なる日本で起きたお伽話と思うことにしましょう。

 

 

著 者:伊坂幸太郎

出版社:祥伝社

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2018年11月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー