図書・イベント

図書

ミニマリストの持ちもの帖

著者は夫と3人の息子たちとの5人家族で、本書には一家の持ち物すべて(子どもの持ち物を除く)が載っています。

 

その総数は1649点。

家具、電化製品から衣類や食器、文房具まで、文字通りすべてだと考えると、この数が極めて少ないことがわかります。

 

モノを買わない、必要最小限の生活用品で暮らす、より小さい住まいへと変更する・・誰にでもできることではありません。

 

みんなが物を買わなければ経済はどうなるのか、という意見も聞かれます。

はたしてそうでしょうか。

安価ですぐに捨ててしまう商品が氾濫することで、伝統を守り手のかかった工芸品や、優れた技術品が生き残れない恐れもあります。 

 

厳選した品を、愛情を持って使っている著者の家族を見ると、ミニマリズムは一過性の流行ではなく、日々の生活を大切にする生き方のひとつだと感じました。

 

 

著者:尾崎友吏子  

出版社:NHK出版

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年9月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー