図書・イベント

図書

虹色のチョーク

従業員の70%が知的障害者で、ほぼ全員が製造ラインに従事する会社があります。

日本のチョークのシェア50%を占める日本理化学工業です。

 

本書を読むと、仕事をすることで人の役に立ち、対価として賃金と働く幸せを得る、これこそが生きている喜びだと教えられます。

従業員たちは必要とされる喜びを知り、さらに懸命に働くそうです。

 

JIS規格に適合した製品作りには欠かせない、驚くべき集中力や観察力を持つ人もおり、個々の能力と得意分野を生かしたラインを担当します。

彼がいないとやっていけない、と言わしめる存在もあります。

 

実際に働く人たちや、その家族へのインタビューもあります。

働き続けられる職場があるということは、当人だけでなく、家族にも未来を提供したのです。

 

ガラスなどのつるつるした素材に、きれいに描けて簡単に消せる筆記具「キットパス」など、製品自体も魅力で、「日本でいちばん大切にしたい会社」と呼ばれる理由がよくわかる一冊です。

 

 

著者:小松成美  

出版社:幻冬舎

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年7月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー