図書・イベント

図書

芦屋の給食

私事で恐縮ですが、数十年前、芦屋の給食に触れたことがあります。

 

まず、月初めに渡される献立表に驚きました。イラストが描かれ、時にはレシピも載っており、台所に貼って夕食の参考にしたものです。

人気の試食会では、美味しい給食に舌鼓を打ちながら栄養士さんのお話を聞きました。

 

本書を読み、その時の献立が今も人気のメニューであると知りました。

長い間保管していた献立表はもうありませんが、もう一度レシピを知りたいと思っていたので、本書の発売はとても嬉しいものです。

 

手作りであることや、季節にこだわる献立が今も実施されているだけでなく、さらに進化していることにも感心しました。

 

セレブの町と言われる芦屋市ですが、本書に登場するのは、市立の小中学校の給食です。

小学校が1食250円、中学校が290円という予算は、他の市町村と同じだそうです。

 

本書を手に取れば、帯にある「一生忘れない」という言葉が真実だとわかります。

 

 

著者:兵庫県芦屋市教育委員会  

出版社:カナリヤコミュニケーションズ

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年6月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー