図書・イベント

図書

神戸っ子の応接間 ―川瀬喜代子と神戸にしむら珈琲店

ドイツ風の建物に入り、肉厚のオリジナルカップで飲む香り高い珈琲。

神戸の人にとって「にしむら珈琲店」での初めての一杯は、大人への扉を開ける瞬間のような気がします。

 

本書は、常に神戸と共にある喫茶店を作った女性の物語です。

宮水、フロインドリーブ、トアロード・デリカテッセン、UCC上島珈琲などがあり、終戦後に本物のコーヒーを求める人がいた神戸という地だからこそ、育っていった珈琲店。

 

海外発祥のコーヒーチェーン店を利用する人が増えても、神戸の喫茶店文化は続いていく。本書を読み、改めて確信しました。

 

 

著者:日野嗣士  

出版社:アートヴィレッジ

 

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年5月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー