図書・イベント

図書

ときめく和菓子図鑑

四季折々の和菓子から、日常よく見る和菓子、お土産に欠かせない各地の和菓子などが、色とりどりの写真と共に紹介されています。

 

中でも茶の湯と共に発展した上生菓子は、季節の移ろいを表現する様に感嘆します。

たとえば「きんとん」(裏ごし器で作ったそぼろあんであんこをおおったもの)は色やあしらい方を変えるだけで、菜種になったり、錦秋になったり。

 

季節のイメージを形にし、あるときは大胆にデフォルメしているからこそ、見る側の想像力をかきたてるのです。

それは、たった17文字の俳句が、季節、映像や音、匂い、時の流れまで表現するのと相通じるものがあります。

 

さて、本書を読んだ後は和菓子を楽しんでみましょうか。

日本茶、紅茶、コーヒー、何と共にいただくか迷っても大丈夫。

合う飲み物までも教えてくれる一冊です。

 

 

著者:高橋マキ  写真: 内藤貞保  出版社:山と溪谷社

Special Voiceひとコトコメント

2017年3月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー