図書・イベント

図書

うたかたエマノン

 舞台はカリブ海のマルティニーク島。

登場人物は島の少年ジャンと、地球に生命が誕生して以来30億年の記憶を持つ少女エマノン、そして画家ゴーギャンとラフカディオ・ハーン。

実在の人物を登場させたSFです。

 

熊本県出身の作者、本書で主人公たちが向かうペレー山の描写は、どこか阿蘇を彷彿とさせ、雄大な阿蘇の存在が彼に与えた影響すらも考えてしまいます。

 

時にはせつない梶尾真治氏の作品を読むたびに、ああこの人は人間が好きなんだな、と思います。

読むたびに少し優しい気持ちになれるような気がする本を書く、それは決して簡単なことではありません。

SFはちょっと苦手、という方もいらっしゃるでしょう。

彼の作品を読むと、SFは単なる手段に過ぎないと感じます。

 

 

著者:梶尾真治  出版社:徳間書店

 

Special Voiceひとコトコメント

2017年2月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー