図書・イベント

図書

釜ケ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム

15年前、大阪に「こえとこころの部屋(略称ココルーム)」というアートのNPO法人が誕生しました。

 

場所も活動内容も変化し、西成区の通称釜ケ崎を拠点とするココルームについてまとめたのが本書です。

現在はゲストハウス、カフェと、大きな庭があり、運営する市民大学の「釜ケ崎芸術大学」の講座も開かれています。

 

多くの人にとって、「恵まれた人たちの町」とは正反対のイメージを与える釜ケ崎という場所。

第1章は、なぜココルームが生まれ、どういう活動をしているか。

第2章では、アルコール依存や難民、家出人、就労に悩む人など多様な人との出会いを重ねてきたココルームの関係者に、直球の質問を投げかけます。

第3章は釜ケ崎芸術大学について書かれています。

 

本書では、詩人で創始者である著者と、ココルームを応援する谷川俊太郎、鷲田清一、森村泰昌との対談も掲載されています。

 

それぞれの分野での第一人者をはじめとする、多くの人を引き寄せるココルーム。

今後増えるであろう「人が集まる場」づくりのヒントになるかもしれません。

 

 

著者:上田假奈代  出版社:フィルムアート社

 

Special Voiceひとコトコメント

2016年10月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー