図書・イベント

イベント

兵庫県立歴史博物館「描かれた大正モダンキッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」

『子供之友』は婦人之友社の創業者である羽仁もと子、吉一夫妻によって、

1914(大正3)年に創刊された幼年絵雑誌です。

 

子供の自立による近代的な人間育成を一貫して掲げ、生活教育を積極的に展開し、

童話や童謡、歴史や伝記読物、漫画やクイズなどの多彩な内容で

多くの子供たちから愛されました。

 

 本展では北澤楽天に始まり、最終号を飾った深沢紅子にいたる数々の画家達の原画を

一堂に展示し、その芸術性を紹介するとともに、絵雑誌という子供に向けた美術の

近代化から社会の変遷を見ていこうとするものです。

 

また合わせて、大正から昭和にかけての子供文化についての展示を行い、

『子供之友』が誕生した背景やその与えた影響をより深く理解できるようにします。

 

子供たちを取り巻く社会環境が激動する今だからこそ、『子供之友』の30年間の歩みは、

未来の大人である子供たちに何をすべきか、その指針を与えてくれるに違いありません。

 

 

■開催日時:2016年10月15日(土)~11月27日(日) 午前10時~午後5時

     (入館は4時30分まで)

■休館日:毎週月曜日

 

※詳しくはHPをご覧ください。

 

【お問い合わせ先】

兵庫県立歴史博物館

〒670-0012 姫路市本町68番地

TEL:079-288-9011

 

Special Voiceひとコトコメント

神戸生活創造センターでは10月27日(木)に、この特別展をテーマにした解説講座を実施します。

大正の子どもたちの遊びやファッションなど、子供文化がありありと描かれた『子供之友』。

その様相から見えてくる「大正モダニズム」に思いを馳せてみませんか。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー