図書・イベント

図書

日本人はどこから来たのか?

7月17日、小さな草舟が与那国島から西表島を目指しました。
実験を行ったのは、人類進化学者・海部陽介氏率いる、国立科学博物館人類史研究グループです。

 

海部氏たちは、インド洋に面した海岸沿いに移動したという説に疑問を抱き、DNAや遺跡を検証して全く新しい説にたどりつきます。
約10万年前、アフリカを出た日本人の祖先は、途中、拡散や再会を果たしながら、約3万年前に、北海道ルート、対馬ルート、沖縄ルート3ルートから日本列島に進出してきたというのです。 

 

今回は最も厳しい沖縄ルートを選び、当時の舟や航海術を再現しましたが、途中で人力による航海を断念しました。

航海は新たな謎を呼ぶ結果となりましたが、20人を超える研究者や冒険家がプロジェクトを作り、3年がかりで準備してきた実験は、インターネットで資金を募り、多くの賛同者を得ました。

 

本書に書かれたのは、この実験の根拠となる、人類のグレイトジャーニーです。

太古の昔、日本人はどこから来たのか?

読みながら胸が熱くなる、そんな1冊です。

 

── 海部さんたち国立科学博物館人類史研究グループは、来年(2017年)の夏には、台湾から航海をする実験を行う予定なんだそうです。
リーダーを務めるのは、国立科学博物館の人類学者、海部陽介さんです。

 

 

著者:海部陽介  出版社:文藝春秋

 

Special Voiceひとコトコメント

2016年9月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー