図書・イベント

図書

山陽電鉄・神戸電鉄・神戸市営地下鉄(街と駅の1世紀)

神戸を走る鉄道と言えば、真っ先にJR、阪急、阪神が思い浮かぶかもしれません。

 

本書で紹介するのは、山陽電鉄、神戸電鉄、神戸市営地下鉄の三つの鉄道会社です。
山陽電鉄は「山電」と親しまれ、神戸―姫路間を結びます。駅名は古い地名に由来したものが多く、「須磨浦公園」「江井ケ島」「浜の宮」「大塩」など、海沿いを走る電車であることが伺えます。

 

神戸電鉄は、勾配に配慮した車両が山間部を走り、ニュータウンの開発と共に歩んだ神戸市営地下鉄は、市民の足として根付いています。

 

本書では、それぞれの鉄道の街と駅を、現在の写真、過去の写真、古地図などで比べながら紹介しています。

 

今はもう見られない小さい木造駅舎、かつて賑わった町並、姿を全く変えてしまった駅周辺などの写真は、手に取った方を一瞬にしてタイムスリップさせてしまうかもしれません。

 

 

著者:辻 良樹 出版社:アルファベータ  

Special Voiceひとコトコメント

2016年4月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー