図書・イベント

図書

魂の退社

作者は元新聞編集委員。高度成長期に育ち、「いい学校」から「いい会社」に進み、金満ライフを謳歌してきました。

しかし人事異動で地方勤務になり、東日本大震災を目の当たりにし、本当の豊かさや自由について考え始めます。

 

そして49歳の秋、転機が訪れます。顔写真付きのコラム担当が決まったのです。

自分の名前で好きなことが書ける!と喜んだのもつかの間、試練が訪れました。

勤務先の新聞社が、2つの大きな誤報を認めて謝罪したのです。

罵声を浴びながら1年を走り抜け、退社を決意します。

 

50歳、夫なし、子なし、無職となった彼女を待ち受けていたのは、世間のネガティブな反応でした。

日本と言う国がいかに会社社会であるかを思い知らされます。

 

本書の最後では、会社依存から抜け出し人生を「ステップダウン」して再構築する様子が描かれます。

幸せとは何か、改めて考えさせられる一冊です。

 

 

著者:稲垣えみ子  出版社:東洋経済新報社

 

Special Voiceひとコトコメント

2016年7月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー