図書・イベント

図書

とりぱん19

「とりぱん」は2015年4月で連載10周年を、そして同年8月・・第500回を迎えました。

 

本書の巻頭にはこんな言葉が記されています。(一部略)

『10年前、鳥を中心とする自然の観察を描いたコミックが多くのファンを獲得し、賞を受賞し、長く愛される作品になると予想できたでしょうか。』

 

作者は四季折々の東北の自然や、鳥によって異なる性格までを、ユーモラスいっぱいに描きます。

19巻では昆虫や猫、てん、熊など作者が遭遇した生き物がいっぱいです。

巣立ち直後のアカゲラを見つけた時には、ぜひみなさんにも見てほしいと、わざとらしく見上げてポーズをとりますが、道行く人たちには無視され、

またある遊歩道で小熊に遭遇した際には、ハリウッド映画のような脱出劇(?)を繰り広げた様が描かれています。

 

あくなき好奇心と観察力に、人生を楽しむ秘訣を教わるような気がします。

「『とりぱん』って何ですか?」そう尋ねられ手にとっていただいたら最後、はまってしまう方が続出のコミックです。

 

 

著者:とりのなん子  出版社:講談社

Special Voiceひとコトコメント

2016年7月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー