図書・イベント

イベント

兵庫県立歴史博物館 『立体妖怪図鑑 ー妖怪天国ニッポン partⅡー』

妖怪は、江戸時代の都市の人々のあいだでフィクションとして楽しまれるようになり、多くの妖怪画や玩具、娯楽などが生み出されました。

その大半は平面的なもので、妖怪を立体的に造形することに関しては、まだ強いタブーの意識がありました。

しかし近代に入ると、人形のコレクターたちが出現したことによって立体造形物への感覚が変容し、さまざまな形で妖怪は立体に表現されるようになりました。

平成21年度に開催された特別展「妖怪天国ニッポン―絵巻からマンガまで―」では、江戸時代からの妖怪画の系譜について紹介されていましたが、今回の展覧会では、妖怪の立体造形物に焦点を当てて紹介されます。

 

■開催日時:平成28年7月16日(土)~9月11日(日) 午前10時~午後5時

     (入館は4時30分まで)

■休館日:毎週月曜日

 

※詳しくはHPをご覧ください。

 

【お問い合わせ先】

兵庫県立歴史博物館

〒670-0012 姫路市本町68番地

TEL:079-288-9011

Special Voiceひとコトコメント

夏といえば・・・ そう、妖怪の季節ですね!?

今回の展示では、立体となって今にも動き出しそうな妖怪たちをリアルに体感できそうです!

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー