図書・イベント

図書

365日 #Tシャツ起業家 「食べチョク」で食を豊かにする農家の娘

 にんじんを手に屈託なく笑う、Tシャツ姿の表紙の女性。

 それがこの本の著者、「食べチョク」代表の秋元里奈さんです。

        

 実家が農家で、幼い頃から「農家は継がなくていい」と言われて育った秋元さん。

 その言葉を素直に受け止め大手企業に就職しますが、実家に帰ったある時、荒れ

 果てた農地を目の当たりにし、初めて実家が農家を廃業していた事実を知ります。

       

 その変わり果てた姿に大変なショックを受け、自分と同じ思いをする農家をこれ

 以上増やしたくない、農業を支える事業をしたい、との思いから一念発起します。

             

 本書は2部構成になっていますが、第1部では起業までの過程と、その後の苦難や

 逆境をいかにして乗り越えてきたかが綴られ、第2部では秋元さんへのQ&Aと、

 彼女を取り巻く人々の声が記述されており、秋元さんのバイタリティ溢れる姿勢

 と、実直な人柄を窺い知ることができます。

         

 今や農家だけにはとどまらず、漁業や酪農業など、日本各地の生産者さんたちの

 まっすぐな「こだわり」が詰まった「食べチョク」は、もはや地方産業を支える

 新たな仕組みのひとつといえるかもしれません。

        

 産業に携わる方はもちろん、こだわりの一品に出会いたい方や、これから何か

 一歩踏み出したいという方も、ぜひ手に取ってみてください。

          

        

 著 者:秋元 里奈

 出版社:KADOKAWA

       

Special Voiceひとコトコメント

 2021年6月の新着図書です。

 

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

センターからのお知らせ

まちづくり

遊・知・美

ストーリー