図書・イベント

図書

銀の猫

 嫁ぎ先を離縁された主人公は、高齢者や病人を介護する「介抱人」

 として生計を立てています。

     

 介抱人を雇えるのは比較的恵まれた家庭ですが、介護が「忠」や

 「孝」だけで解決できないのは現代社会と同じです。

       

 舞台を江戸時代にすることで、介護の抱える問題が一層浮き彫りに

 なるような気がします。

          

 介護がテーマでも、けっして重苦しい作品ではありません。

 著者の作品ではおなじみ、成長することを止めない主人公を、いつしか

 応援しているはずです。

        

       

 著 者:朝井 まかて

 出版社:文藝春秋

        

Special Voiceひとコトコメント

 2020年9月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センターの講座・イベント

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

センターからのお知らせ

まちづくり

遊・知・美

ストーリー