図書・イベント

図書

ゴッホとゴーギャン

 ゴッホとゴーギャンの人生と作品に終始した内容では…と想像して読み始めると、

 いい意味で裏切られる一冊です。


 前半では如何にして印象派が台頭し、どんな画家たちが美術史を大きく変えていったか

 断片的な知識が流れとなって理解できるように語られます。

         

 後半に入り、ゴッホとゴーギャンが登場します。

 不器用な生き方しかできず、愛すべき存在でもない彼らの人生を知ったうえで

 心の叫びが聞こえるような作品を見ると、現代もなお多くの人の心を捉えてやまない

 理由がわかるような気がします。

          

 兵庫県立美術館では、1月25日から3月29日まで 「ゴッホ展」が開催されます。

 本書を読むと、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

        

        

 著 者:木村泰司

 出版社:筑摩書房

       

Special Voiceひとコトコメント

2020年1月の新着図書です。

図書一覧へ戻る
図書
まちづくり

まちづくり

自己啓発

自己啓発

ライフスタイル

ライフスタイル

遊・知・美

遊・知・美

ストーリー

ストーリー

イベント
神戸生活創造センター

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー

地域のイベント

まちづくり

自己啓発

ライフスタイル

遊・知・美

ストーリー